2007年04月30日

モスラーズ


とうきびチョコレート北の国には美味しいチョコレート がいっぱい。とくに“とうもろこし”のチョコの種類の多いこと。
そんな中でもイチオシチョコは“チョび”だけど、これも形が可愛くて別の美味しさがある。ちゃんととうもろこしの粒粒を表現してあって、個装の袋には葉っぱが印刷してあるので、目を引く商品だね。
これは、道南食品“とうきびチョコレート”、スィートコーンパウダー入り。とうもろこしの箱に18本入っている。チョコレートの中には、砕かれたアーモンドとピーナッツが入っているので、とうもろこしの香ばしさが引き出されている。いやぁ、とうきびチョコはたまらないね。
このとうきびチョコは、形が可愛い。形は縦割り半分の形をしているんだけれど、これを2個重ねるとほんまもんのとうもろこしになる。うはは、ちょっと通常のものよりまるっこいタイプなので、お菓子に例えるものではないけれど、コロンコロンでモスラみたい。わはは。

もっとコーンスナック⇒さくさくコーンスナック市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:37| Comment(8) | TrackBack(0) | まりたま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

ゴロゴロデザート


フローズンブルーベリーヨーグルト簡単で美味しいデザート、私でも作れる(笑)10秒もあれば完成っていうデザート。うひひひひ。
生協さんで見つけた冷凍ブルーベリーに、市販のヨーグルトを混ぜるだけ。部分的に凍って、あら〜美味しそうなブルーベリーごろごろフローズンヨーグルトができあがる。10秒もかからず、あっちうまにできてしまう。庭のミントを飾ったら、これまたステキ〜。
ドライと違って実が大きいので、これだけ食べても美味しい♪ ちべたくて、カキ氷を食べたときみたいに頭がキーンってなっちゃった。ヨーグルトを混ぜるだけで、簡単デザート。これにバニラアイスを混ぜたら、さらに美味しくなるね。
冷凍ブルーベリー以外のフルーツでも美味しそうだし、この夏はまりそう。甘さが足りなければ蜂蜜をかけるのもいいな。頭の中でいろんな妄想がうごめきはじめた、まりたまでつ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 19:52| Comment(16) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

なべぶたケーキ (夢見るカマンベールチーズケーキ)


夢見るカマンベールチーズケーキ最近はいろんな地域のアンテナショップが都心にもできていて、お気に入りは、東京駅にある北海道フーディスト京都館
東京駅を経由するときは必ずといっていいほど、お立ち寄り。行くたびに美味しそうなものがある。あっこんなのもあるんだ♪ と再発見したり、とにかく食いしん坊にはたまらない場所。
そこで、5月8日までの期間限定で販売の“夢見るカマンベールチーズケーキ”ぐはは。 楽しいネーミングだ。濃厚チーズケーキが好きなので、どんなかな? どんなかな? と楽しみにしていた。
包みを開けたら、ほよ〜? これは…カステラ? かいな? チーズケーキはどこ? カットしてみたら、なるほろ。これは、真ん中に小さく濃厚なカマンベールチーズクリームが入っていて、まわりを囲むように、ふわふわカステラが。まるで鍋蓋みたいだ。
ちょっと想像していたのと違いがっかりしていたら、ままたまがコレ見かけより美味しい〜って(笑)。ふだら、食べてみっか〜とはぐっ! おぉっ、カステラは雪のように軽く表面には粉糖がかかっている。ふわっふわのほわっほわだ。
ふわふわながらもシフォンのような弾力もあり、このふわふわほわほわのカステラとカマンベールチーズクリームのあうこと。軽いので、ぱふんぱふんとあっちうまに食べてしまう。全体的にあっさりとした仕上がりになっているので、甘めのミルクティで食べたらベストかも。
いやぁ〜ますます北海道ファンになりました。ぶひん(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

別腹はどこにある? (英國堂@東京大丸)


英國堂豪華なランチを食べたあと、ちょっと銀座をブラブラと散策し、どこでお茶をしようか〜と色々考えながら歩いているうちに有楽町駅に着いちゃった。そ〜ね〜、お腹がいっぱいでなければ、100%チョコレートカフェ も久しぶりに行きたかったんだけど、なんせ胃袋はぎゅうぎゅうになっていたので無理。
ってことで、Hちゃんに以前連れてってもらった東京大丸2階にある“英國堂”に。さすが大丸ってこともあり、年配の方が多い。不思議な雰囲気に包まれながら、またしても豪華に頼んでしまった。
どういうわけか、お腹がいっぱいでもメニューを見ると頼んでしまう。何故だろう(笑)。Hちゃんは、この間私が食べて美味しかったエイジアンパフェと紅茶のセット。私は、キャラメルバナナクレープとコーヒーのセット。
まず運ばれてきたのはドリンク類なんだけど、思わず「ほぉ!」と言ってしまった(笑)。 紅茶はポットで出てくるんだけど、ちょっとここの紅茶は香りがいいアプリコットティ。 ぶご〜くんくんくん。よひかほりぢゃ。で、小さな香水のビンのようなスマートなビンが目の前に置かれる。何かひら? と思っていたら「紅茶の香りづけにお使いください」とブランデーが。うっひょ〜ステキぢゃ。今度は紅茶にしよっと(笑)。お味見させてもらったけれど、美味しかったよぉ。
相変わらずボリュームたっぷりなエイジアンパフェ、これね見た目はぶつぶつとすごいんだけど、美味しいんだよね〜。オススメ、オススメ。で、今回お初のクレープ。どど〜〜んと運ばれてきたのはお皿からはみでんばかりのクレープ。バナナがてんてんとのっていて、キャラメルがたっぷり嬉しくなるほどかかっている。クレープの下には、バニラアイスが2個もかくれている! キャラメルをクレープにのせてムフフ、アイスにからませてムフフ、クレープでバナナを包みキャラメルをつけてムフフ。もぅ口のはたは、ニヤリとしたまま(笑)。
運ばれてきたときは、こんなに食べれるかしら? と思ったんだけど、すいすいす〜〜いとお腹へ消えていった(笑)。地味に皆さんがドリンク類を飲まれている中、キラキラと美しいデザートは人気でございましたよ。お隣のおばさま二人組みが「ほぉ〜」とおっしゃって目がキラキラとしてたもの、おほほ。

もっとクレープ⇒ふんわりクレープ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:58| Comment(8) | TrackBack(0) | まりたま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

ぶたぶたこぶた (泥武士@銀座ファンケルスクエア)


ファンケルスクエア天気があまりよくないなか、銀座松屋で開催されている“星の王子さま展”を見に行ってきた。
オープンと同時に入店、一気にエレベーターで8階まであがる。みんな行くところは同じ、会場にすったすったと向かった。まずびっくりしたのは、若いヒトがいなくて(笑)、年配の品のいいおじ様が多かったこと。ず〜らず〜らと、説明を読み読み読み、デッサンやお友達に宛てた手紙など、今まで行方不明になっていたものなどが展示されていた。初日ということもあり、フランスのテレビ局や、日本のカメラなどが入っていたよ。あらためて、本を読みたくなった。
ゆくるりと拝見したあと、どこでお昼を食っぺかのぉ〜と。銀座ファンケルスクエアに、美味しいものが食べれる“泥武士”という和風オーガニックレストランがあると聞いていたので行ってみた。エレベーターで9階まであがると、扉の向こうは…くっ、暗っ! 正面のガラス張りの中には、新鮮で美味しそうな野菜が綺麗に並べてある。入り口のメニューを見てちょい高かったのでどうしようかと思ったんだけど、入ってみた。ちょっと薄暗い、黒を基調にした店内。ニューを見るとどれも美味しそうで、これまた迷う。ランチは1570円からとちょっとお高く、銀座価格だね。
ここは食の安心・安全のこだわりがあり、有機栽培・無農薬・無添加にこだわっていて、かなり厳選された素材を使っているらしい。ご飯は、玄米か発芽玄米かが選べ、おかわりも自由。お茶も、健康茶で美味しく3杯も飲んぢゃって、がぼがぼ…(笑)。
運ばれてきたものは、どれも真っ白な器に入っていて、食べ物が映えること。Hちゃんが食べたのは“お野菜ランチ”1570円也 。一段の重箱には、ほうれん草とスナックエンドウの胡麻和え・筍煮・揚げだし豆腐・ナスと人参とサツマイモの黒酢マリネの4種類が入っている。それにてんこ盛りのキャベツのサラダと、インゲンとアスパラガスとナスのてんぷら・ご飯・わかめと葱の味噌汁と香物ついている。
私が食べたのは、“黒豚のそぼろ丼とお野菜たっぷり黒豚の豚汁ランチ”1680円也。運ばれてきたとき、目が点になった。ぶははは〜、ぶひぶひぶひって。そぼろご飯に、サツマイモと茄子と人参の黒酢マリネ・小松菜とえのきの煮びたし・香物・キャベツのサラダ・びっくりするほどてんこ盛り入った豚汁。わははわはは、笑いが止まらないよ。普通のお椀の3倍は入っている豚汁だもん。
ご飯も丼かと思ったら、お皿に発芽玄米が盛られ、上から生姜としっかり味付けされた黒豚肉そぼろがたっぷりとかかっていた。色合よく小松菜のゆでたのがちょこっとのせてある。野菜のマリネは、一度素揚げした? 野菜を黒酢で漬け込んだもの。野菜本来の甘みと香り、味、しっかりと感じることができる。昔のあの野菜くさい野菜を思い出す味で、うんみゃい。小松菜の煮びたしは、さっぱりとしてしゃきしゃきとした歯ごたえがたまらない。家以外で小松菜が出たのは、初めて。ふふふ。
豚汁、食べても食べても食べても減ってない気がするんだよね。そのくらいたっぷりと入っている。大きめにざっくりと切った、大根・人参・しいたけ・こんにゃく・ごぼう・葱がゴロンゴロンと入っているんだけれど、一番下にはたっぷりのレタス。味噌汁にレタス〜? って思ったけれど、これがまた美味しかった。そして厚切りの黒豚肉が沢山入っていて、旨い! 一番上にはたっぷりの葱がかかっていて、香りのいい七味がかかっていた。雨で冷えた体が、あっつあっつ汗汗ってポカポカになったよ。
これまたタップリのキャベツのサラダは、芯まで甘くあっさりとした味付け。黒胡椒でいただくサラダは、本当に美味しい。どれもたっぷりで、食べ終わるころには、もぅ満腹もぅ何も入らないって状態。他にも美味しそうなメニューがあったので、次回はアレ食べてみたいな。大満足なランチで、お店をあとにした二人。そのあと「もぅ満腹、もぅ何も入らないっ」って言ってた二人が、また食べちゃったんだよね。続きは明日(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 22:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

チョび (昭和製菓@函館)


チョび“ちょび”と言えば思い出すのが、漫画家佐々木倫子さんの「動物のお医者さん」に出てくるハスキー犬の“ちょび”。でも、何か違う。“チョび”だもんね。わはは。
“チョび”は、昭和製菓から出ているチョコレート菓子。フリーズドライのとうもろこしを、ホワイトチョコでコーティングした「そのまんまとうもろこし」だ。プラのケースに入っていて、まるでサプリメントみたい。こういうのに入っているガムもあるよね。蓋をかぱっと開けると、中にはつぶつぶつぶつぶっと、とうもろこしが入っているのだ。 ほんとに、とうもろこしそのものだな(笑)。
沢山入っているのかと思っていたら、大きなシリカゲルが〜、やらりた。ぶひ。これ、ちょびっとしか入っていないのに、315円。ちょいお高いお菓子だね。
でおね、味はいいの! すごく美味しいの! とまらない美味しさなの! とうもろこしの甘みと香ばしさと、このフリーズドライのサクサク感がたまらなく美味しい。これはね、2つ以上お連れしないと1個あっというまだよ。10個あっても、あっというまかもしれない。美味しすぎるもん。入れ物に口をつけて、ざざざ〜〜〜っと一気食いして、ざくざくざくっと噛みしめたくなるほど、美味しい。北海道、あなどれないとこだな。
美味しいものが大杉饅頭(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 16:55| Comment(6) | TrackBack(1) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

なになに堂 (亀谷堂@成田山)


ぬれせんべい大好きなぬれせんべいを2枚貰った(笑)。粗品だったので、2枚、けらけら。普通のぬれせんは食べたことある。でもね、ザラメつきの醤油ぬれせんべいは初めて。ミニサイズで3口で食べれるほどの小ささ。
いやんいやん、楽しみだわい。と、ままたまと一枚ずつ。じっとりしていなくて、固めしっとりでもなく、ちょうど「はむぅ〜」と美味しいしっとりさ。これ、美味しい〜どこのだろ? と調べて…、……調べ…ん?お店の名前はどれぢゃい? あぁ、この真ん中の崩しすぎた字が店名なんだろうか。だいたいこの字かな? この字かな? と検索してみるが、あり? 違う名前で出てくる。
う〜〜ん、袋に書いてあるのは「成田山門前」と「○○堂」と「創業宝暦元年」と「ぬれせんべい」のみ。創業で検索、ん? したら出ましたよ(笑)。ほう、「兎」にも見え「虎」にも見えたのは、「亀」でした。崩しすぎて解んなかったよ。成田山門前の“亀谷堂”という落雁を売っているお店の、ぬれせんべいだった。ザラメのぬれせんが、こんなに美味しいとは。
ザラメせんべいの苦手なワタクシは、食べるのに躊躇していたんだけれど、甘しょっぱ〜が食べたくなって勇気をだして(笑)食べたのさ。したら、うめぇ〜。めぇ〜めぇ〜だった。成田山へ行ったら、土産はコレだね♪(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 16:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 煎餅・あられ・ぼうろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

五感餅 (吉祥寺虎屋の団子・餅)


虎屋の団子和菓子や洋菓子を見ると、作り手の愛情が伝わってくる。工場で大量につくられたものと違い、作られた作品を見ると職人さんのお菓子に対する愛情と優しさを感じることができる。とくに吉祥寺虎屋さんの和菓子は、優しさが伝わってくるんだよね。昨日食べた柏餅も美味しかったけれど、これも美味しかったな〜。
ステキな名前がついていたんだけど、忘れちった。わはは。最近のお団子は3〜4玉が主流で、たま〜に5玉があるけれど、2玉は珍しいね。というのも見た目お団子なんだけど、これお餅。ピンクのお餅は桜の香り漂い、まるで道明寺みたい。中はしっとりなめらか漉し餡。みどりのお餅はヨモギかと思ったら青海苔餅のつぶし餡。ぶご〜、青海苔のいいかほりが…。こりゃたまらん。
とってもしなやかな柔らかいお餅で、見た目の上品さと食感と香り、全てが満点って感じ。お餅様にふさわしいように、お上品に頂きましたとも! 一口でぱくりっなんてことは…むにゃむにゃむにゃ、いたしませんことよ。おほほ。
もう一品は笹の葉に包まれた草餅なんだけど、これがまた「うほほっ」と言いたくなるほど、びっくりとろりん餅。柔らかい〜、ほへ〜って感じ。中は蓬に合うつぶし餡。いんやぁ、今回どれも美味しかった。
そうお安い和菓子さんではないんだけれど、洋菓子から比べると、とっても安く感じるね。大満足だった〜、次回はあれとあれとあれもお連れしようっと。にやり(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 団子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

ドレファラシド (吉祥寺虎屋の柏餅)


虎屋の柏餅なんてこった! ミソがないなんて〜。そう、ミソがなかった。わたしの大好きな味噌が〜(笑)。吉祥寺虎屋さんの柏餅のお話。
吉祥寺虎屋さんは、あのゴージャス虎屋さんとは違う虎屋さん。吉祥寺に2店舗ある和菓子屋さんなのだ。毎年お正月には、ここで鏡餅をゲト。サトウの肉屋の並びにあるお店のほうに行ったらば、ちょうど私の前のご夫婦の方がお求めになった柏餅味噌餡が最後でお連れできなかった。サンロードにある本店に行けばあるってことだったんだけど、人をかきわけ混んだ道をそこまで行くのがおっくうで…(笑)、ぇえぇ〜と思いながらも違うものをいくつかゲトしてしまった。
蓬のつぶし餡と白の漉し餡、味噌餡はいったい何色のお餅だったのかなぁ〜と思いながら、2色○○と○餅を選んでみた。ここの柏餅は、ぼってりと大きめ。団子っぽくないモッチョリとした弾力のあるお餅、ままたま曰く「今年食べた柏餅で一番美味しい♪」って。今年まだ3個目だけどね(笑)。
確かにここのは、餅部分が甘くなくとっても美味しい。こりゃ、味噌餡をぜひともゲトしなければならん! と力が入ってしまった。店頭で迷って色々聞いていたら「どれも美味しそうでしょう? どれも美味しいんですよ」とお店の方がおっしゃった。う〜〜ん、確かにどれも美味しそうで全種食べてみたくなった。桜餅も関東&関西バージョンどちらもあって、鼻が鳴るよ、ぶひぶひぶぅ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 21:18| Comment(16) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

のりのりジャガー (じゃがりこピリッとのり味)


じゃがりこピリッとのり味あれ? っといつもと違うパッケージを発見。じゃがりこ“ピリッとのり味”とな? それも大好きな期間限定品 。ぶはは。さっそくお連れしましたよ。
甘いものを欲していると、次はしょっぱいものが欲しくなる。昨日はプリンを食べたので、今日はじゃがりこしてみた。“じゃがりこ”とか“じゃがボックル”とか“芋けんぴ”とかお芋のお菓子は、美味しいねぇ。ふたを開けると、ほぉ! 海苔の香りがぷぷぷ〜〜っんと漂ってくる。色も海苔色で、いかにも美味しそうぢゃ♪ うへへへ。この頭蓋骨まで響く音と噛みごたえ、たまらんねぇ。
有明産の黒海苔と瀬戸内海産の青海苔のダブル海苔だ〜。かくし味に唐辛子を使っているらしいんだけど、かくし味っていうより、海苔唐辛子味みたい。はじめは海苔風味を楽しみ、あとからピリピリから〜っがやってくる。はひはひは〜、美味しいぞぉ。こりゃたまらんと1本、こりゃこりゃたまらんと2本、あぁ〜とまらんとバリボリバリっとあらら、なくなっちゃった…。これ、海苔味を楽しめてかなり美味しい。食べたあと口ん中ヒーヒーだけんどね。
ままたまは「ひとつしか買って来なかったの?」何故? と思ったら「じゃがりこじゃがりこじゃがりこって、したかったのに〜」だって(笑)。うさぎが人参をぽりぽりしている姿を想像してしまった。これは、全国で6月下旬まで発売だそうでつよ。

もっとじゃがいもスナック⇒じゃがいもスナック市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:03| Comment(6) | TrackBack(0) | スナック・肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする