2007年08月31日

花椿ビスケット (資生堂パーラー@銀座)


花椿ビスケット銀座にある資生堂パーラーは、まるで高級ブティ〜ック。
レンガ色の本社ビルから、ちょっと先に資生堂パーラーの直営店がある。ケーキのほか、ビーフカレーやスープなどのレトルト食品・スペシャルチーズケーキ・チョコレート・焼き菓子・フローズン・ワインなど美味しいものがそろっている。その中で、ずっと食べたいと思っていた資生堂のマークの形をした“花椿ビスケット”。
しっとりがっつりした花椿ビスケットは、猫ちゃんの缶詰みたく、白缶・金缶・黒缶がある。白缶は24枚入りで1365円、金缶は倍の48枚入って2100円、黒缶は店頭のみの販売で40枚入って4800円。
そう、この黒い素敵な缶欲しさにお求めになられる方は多いみたい。缶に2000円以上とは、なかなかできないことですな。すごいぞ、資生堂。高さもあるし、違う用途にも使えそうだけど、勇気がいるなぁ。
私は、ちょうどいい大きさで可愛い白缶にしてみたよ。手作りで、ビスケットというよりガレットとクッキーの間くらいの食感で、昔お母さんが作ってくれた甘く優しい焼き菓子風なんだ。
ぶあついしっとりサブレみたいなので、これはやっぱり牛乳と一緒にいただきたい。しつこくなくてザックザックしているし、比較的小ぶりなビスケットなのでパクパクいけてしまう。
缶の密閉度が低いので、缶を開けたらジップロックに入れて大事にいただくのがいいな。
形も可愛いし美味しいしお手ごろ価格なので、お土産にもいいね。
念願かなって、これで「甘く、かわいく、おいしいお菓子」本の一品を食べることができたわ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 15:59| Comment(12) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

導かれし時間 (資生堂パーラー@銀座)


資生・パーラー歌舞伎を見に行った帰り、どこぞでお茶でもすっぺ〜と、一度入ってみたかった資生堂パーラー本社ビルへ。ほぉ? こりゃすごい、まるでジュエリーショップのようなただずまい。自動ドアが開くと、正面に係りの方がお二人立っていらっさる。まるでホテルのお出迎え。「カフェでございますか?」と聞かれ、うなずくとエレベーターが開く、迷う暇なく3階のカフェへ見えない糸に引かれ、まるで誘導されているようでドキドキ。ちょっと場違いな空気の違う空間に放り出された感じ。入るかどうか迷っている暇なく、「お席へ」と案内される。
席へつくと、メニューが運ばれてくる。ん? ん? んん〜? これは、ひとつのお値段か? わはは、わはは、笑いがとまらんよぉ。ケーキプレート2200円…わはは、コーヒー1杯945円から2000円台のまである…おほほ。えぇ? ケーキセットとかいうもんはないのか? 単品単品…うぎゃっ! ケーキは一切れ650円〜750円、飲み物は945円から…うひょひょ。ココまで来たら、ふんばるしかない(笑)、優雅にすごさせていただきますわよ。
おほほほほ。と言いながら、またこの沢山のメニューの中から選ぶのが大変だった。だって、ちょっと間違ったら、お茶とケーキで3000円近くなっちゃうんですもの。申し訳ないけれど、3回目にやっと注文できたよ。わはは。色々チェックしてみると、ゆったりとした店内と時間の中で、優雅ささえ感じ、ここを銀座と忘れさせてくれるような雰囲気が漂っている。ここは、どこぞのサロンではないかってね。食器も美しく、フォークやスプーンはすべて綺麗に磨かれた銀食器。紅茶はポットで、キャンドル付の台には、さし湯のポットがついてくる。はぁ、こりゃ、自分を忘れて違う世界へ行ってしまうお店だよ。
ケーキは、プレートにのせて運ばれてきて、その中から選ぶんだけど「写真撮らせていただいてもよろしいかしら?(お嬢様風に・うそ)」と聞くと、「どうぞ」と値段のプレートをはずして心ゆくまで撮らせてくださりましたよ。おほほ。
どれも美味しそうだったんだけど、なかでも「これ食べたい!」と思ったケーキがあった。クリーム色の四角い塊に、淡い桃色のパウダーがふりかけられ、ブルーベリーが行儀よく並び、ピスタチオがポイントになっているチーズケーキ。運ばれてきてさらにびっくりしたのが、お皿一枚がキャンバスとなってケーキを引き立てている。真ん中にケーキ、周りにはラズベリーソースにバニラビーンズ入りのカスタードクリームソースとチョコレートソースが、まるで美しく花開いた薔薇の花びらのようだ。こりゃ、高いなんて言ってらんないねぇ、素敵だねぇ。感動だねぇ。ブルーベリーの頭には、ちょっとゼリーがのせてあり、それがまたキラリとして可愛いこと。上にかかったピンクのパウダーは、聞いたんだけど忘れちゃった。すまんのぉ。
チーズケーキの中には、ブルーベリーの実入りゼリーが見た目と味を引き立てている。こりゃ、贅沢なケーキですわ。まったりと濃厚なチーズケーキに、酸味のきいたブルーベリー、夏らしいひんやりデザートだ。そのまま頂くのもよし、お皿に彩られたベリーとチョコのソースをつけてもよし、贅沢なケーキ様だった。
気がつくと、うっすらと陽がかたむいている。たぶん、2時間近くいたんぢゃないかな。雑踏を忘れ、素敵な時間をすごすことができたよ。気分を変えたいときに、ぴったリなお店。ずっと、お連れしたかった○○クッキーもお連れしたよ。それは明日のお楽しみ♪(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 21:48| Comment(6) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

お菓子の国から愛をこめて (メルヘン日進堂のバウムクーヘン)


メルヘン日進堂バウム最近のケーキってふんわり優しすぎる生地が多いような気がして、小さい頃食べたがっつりしたスポンジケーキが食べたいと思う今日この頃。バウムも柔らかいの多いなぁ…ぶつぶつ(笑)。カステラは、ずっしりどっしりさんじゃなきゃね。
最近では、ネットで色々美味しい地方のものが手に入る。食いしん坊にはたまらんねぇ。 あっ…いやしん坊の間違いか、でへへ。そんな時、楽天のグルメなメルマガで見つけちゃった。わはは、わはは、わはは。それも食べて安心美味しい無添加バームクーヘン、お試し送料込みで1000円ですって♪ こりゃ、私のお腹に入ってもらわねばなるまい。ってことで、8月の頭に注文したのが午前中に届き、もぅなくなってしまった(早っ)。
ラム酒をきかせ、ぺりぺりとはがせないくらいしっかりギュムムッとひきしまった生地、蜂蜜が入っているせいか優しい甘さ。うんみゃ〜〜〜い。これ生クリームをぽたりとのせていただけば、もっと美味しくなると思うな。お試しなので、高さが3cm。美味しくて、もっと背の高い方が食べたくなった。やっぱり高さ8pは欲しいな。ふぉっふぉっふぉっふぉっ。
プレーンのほか、ごま・ショコラ・キャラメル・チーズ・抹茶バウムもあるそうでつ。ココのお店、TVチャンピオン「全国お土産銘菓通選手権 」で壺型バウムで登場していたね。椿が一輪さしてあったのが、笑った。お店のプレゼントでこの一輪挿し壺型バウムが出ていて、応募しちゃっった。31日までだから、皆さんもいかがすか?(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:27| Comment(6) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

幸せのアフォガート (ハーゲンダッツの『アフォガート・バニラエスプレッソ』)


ハーゲンダッツのアフォガードアフォガートってなんぢゃらほぃ? バニラエスプレッソ〜? 美味しそう。バニラアイスクリームに、淹れたてのエスプレッソをかけたイタリアのデザートなんだって。
イタリアでは、エスプレッソだけではなくて、リキュールや紅茶・コーヒーなんぞもかけ、かけるものによって「○○アフォガート」と名前が変わるらしい。いやいや贅沢なアイスクリームぢゃ。
アイスクリームといえば、ハーゲンダッツが大好き。もっと美味しいお店は色々あるんだろうけれど、まだ未経験なのでHDが一番。
ミルク系が濃厚で、まったりとして美味しい。ポピュラーな、いちごや抹茶も美味しいけれど、新製品が出ると食べたくなってしまう。特にこう暑いと食べたくなっちゃうよね〜。
ちょうど三浦屋(吉祥寺店)でセール(5個1050円)をしていたので、買ってみた。抹茶・いちご、食べたことのないアフォガート・シャルドネ&ラズベリー・ショコラクラシックの5個。
蓋を開けてびっくりしたのが、バニラとエスプレッソのマーブルがとっても美しいんだ。おひょ〜、美味しそうぢゃ〜。濃厚ミルクバニラに濃い目のエスプレッソを入れ、まぜまぜした感じの味。これ癖になるぅ。1人で1カップ、ペロリと食べたい甘くてビターなアイスクリーム。 あぁ、幸せだなぁ。
これにシナモンやココアパウダーをかけたら、さらに美味しくなりそう。次回挑戦だな。ふっふっふ。他の食べたことのないのは、またご報告いたします〜(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 16:09| Comment(8) | TrackBack(0) | アイスクリーム・氷菓・ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

色白五人囃子 (竹路庵のみたらし団子)


竹路庵のみたらし団子歌舞伎座へ行くと、歌舞伎生写真なんぞにまじって、美味しいものが色々売られている。おばちゃんたちが生写真買っていたよ。きっと高校生と同じ感覚なんだよね。キラキラって目が輝いて、部屋に飾ったりしているんぢゃないかなっと思うとなんだか可愛くて、にやっとしてしまった。
先日、ゆかたまがたい焼きをお土産に買ってきてくれたので、こんだは私がお団子をお連れしてみたよ。京都竹路庵(ちくじあん)の、みたらし団子。歌舞伎座でしか買えないんだけど、時々百貨店の催事なんかで出展しているとのこと。本当は4本欲しかったんだけど、京都では4という数字が不吉ってこともあり物は3の倍数が基本なんだって。6本買うのもなんだったので3本(450円)にしたよ。
色白でこぶりな団子が5玉ついて、たれがたっぷりとかかっている。団子のほかに、カップに入った“ずんだしらたま”や“黒みつ白玉”も美味しそうだった。ここのお店は、わらびもちが有名らしく、味見がおいてあったので頂いてみれば…ほえぇ〜くんにょりふるふるして柔らか〜〜い美味しい〜。味見で満足してしまった(笑)。お砂糖無しのきな粉がたっぷりとかかっていて、冷茶といただけば最高だね。
お持ち帰りして、夕食後実食タ〜イム。あれ? これ団子だよね? と「?マーク」がでる。白玉と団子の、白玉寄りのびっくりするほど柔らかな団子。おいひ〜。5玉団子は、あっちうまにお腹の中へ消えていったとさ。今度は、わらびもちもお連れしたいな♪(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 団子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

迷い弁当 (歌舞伎座地雷屋の花弁当)


地雷屋弁当の花弁当「歌舞伎の券があるんだけど、行かない〜?」
とお誘いを受け、ぇえ〜? いいのぉ? と遠慮無しに行かせて貰った。
歌舞伎座へ行くと、入り口左角にある“歌舞伎茶屋”でお弁当を買って座内へ入る。だいたいのメニューがHPで見れるので、あらかじめチェックしていく。じゃないと迷いに迷うからね。食いしん坊だからどれも美味しそうで迷っちゃうんだ。 あぁ〜これも美味しそうだし、これもいいなぁ…、あれも食べてみたいし…と大変なのだ。
お弁当を選び、会場したら1階にある売店を見るのが楽しい。月替わりの屋台も楽しみのひとつ。ゆかたまがお土産に買ってきてくれたあの紅白白玉入りのたい焼きがあった。職人さんが手際よく生地を流しこみ、白玉をのせサンドしていく。職人技を見ると楽しくなっちゃう。こりゃ、初あちあち出来立てを食べるいい機会。
とさっそく二人で、はふはふと頂きましたよ。うみゃい! 表面はカリカリとして中はふっくらと美味しい生地、中にはあつあつの餡子がたっぷりと入って、とろりととろける白玉が顔をだす。やっぱり、たい焼きはできたてが一番だね。お土産用に買って、焼き立てをその場でほおばるのがおすすめ。
で楽しいお昼ご飯に選んだのは、地雷屋の花弁当(800円)。ひとつが三口ほどで食べれる海老天むすが5個・牛蒡と筍の炊き合わせ・甘めの玉子焼き・背中がピンクの蒲鉾・サツマイモ甘煮・カリカリ梅・切昆布煮物・ひりゅうず揚げ・栗が入っている。季節によって中身が多少違うようだけれど、美味しかったな。
いつも同じお弁当を食べていたので、新鮮さも加わり大満足。幕間休憩30分で食べるので、せわしないけれど、座席でいただくお弁当は、電車の中で食べる駅弁と同じで美味しさが増す。
でもね、気をつけないといけないのが、暗さと満腹。そぅ、ちゃんちきちゃんちきやっている間に、眠気がそろりそろりと忍び寄ってくるのだ。舞台の合間に暗くなるシーンがあると、これまた危ない。一瞬のうちに引きこまれる。 時々がくんがくんとなりながらも、楽しみまひた。考えてみればかなり失礼な話なんだけど、満腹と感知した脳がこうさせてしまうので、許してねって感じ(笑)。
席といえば、いつもは新聞屋さんで当たった双眼鏡なしでは楽しめない3階席なんだけど、今回は1階席、それも前から5番目ってことで、もぅ楽しみで楽しみで♪ 1階席は、床も絨毯、椅子もどっしり座れるシート、座席間隔も広くゆったりとしている。役者さんの息遣いや足音、服の質感までふわっほわっと柔らかさまで感じる。ほぉ〜、やっぱりいいねぇ1階は♪ お誘いしてくれてありがとう〜。ぺこり。
今回は言い回しがそれほど分かりにくくはなかったけれど、イヤホンガイド(1500円)を借りると分かりやすくていいよ。返却すれば保証金の1000円は返してくれるので、単に観るだけではなく内容が理解しやすいのでおすすめ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

ちびっぷりん (モロゾフのマンゴープリン)


モロゾフマンゴープリン大きいと食べ過ぎになるし、小さいともっと欲しくなる“モロゾフ”のプリン。なので、小さいプリンと大きいプリンをお連れした。桃もあったけれど、やっぱり夏のトロピカル〜マンゴープリンだよね。
マンゴーって美味しい〜大好き。口さっぱりとするし、フルーツの香りがたまらない。 頭の中では、ザザザザァ〜ンと波打つ浜辺で「アロハオエ〜」って感じ。モロゾフのプリンの大きいサイズはプレーンプリンしか扱ってないのが残念。マンゴープリンなら、大きいサイズでもぜんぜんオッケーよ。つぅるんつぅるぅんと食べてしまえる。小さいサイズは、あっというまだ。もっと食べたくなるプリン、そこでとめておくのがいいのかしら? 暑い日には、やっぱりつるつるしたデザートがよろしいようで。
モロゾフは容器がガラスなのでじょうぶだ。何かに使えるかもと置いておくので、どんどんたまってくる。食べたそのあとも、おうちでリサイクルだね。ふふふ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 17:37| Comment(6) | TrackBack(0) | プリン・ゼリー・杏仁豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

歌舞伎座で魚釣り (歌舞伎座のたい焼き)


めでたい焼き「紀伊国屋〜!高砂屋〜!成駒屋〜!」とおじさんの掛け声が響く歌舞伎座。あれって、何かと思っていたら歌舞伎俳優の屋号だったんだねぇ。
ゆかたまが歌舞伎を見に行った帰り、名物“めでたい焼き ”を買ってきてくれた。餡子がたっぷりで、紅白の白玉がゴロリゴロリと入っていて、もっちゃりさんで美味しいんだぁ。
レンジでチンしてオーブントースターでカリッとさせる。これが、最高に美味しい食べ方。一度もできたてほやほやを食べたことがないので、今度行ったら絶対ほやほやを食べるんだ〜と力を入れていたら、すぐにやってきたよ。後日ご報告するね。
月替わり屋台なので、いつ行ってもコレが食べれるわけではなさそうだけど、行くときはいつも“たい焼き”だね。これって運がいいのかな? 前回食べたときと比べると、分厚い気がする…。縁がついていたせいかなぁ。とにかく、やっぱり美味しい“めでたい焼き”。ご馳走様でした。ぺこり(ま)。
続きを読む
posted by まりたま&ゆかたま at 22:12| Comment(6) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

チョびのお友達 (スノーベルの元祖とうきびチョコ)


元祖とうきびチョコとうもろこしをお菓子にしたチョコって、北海道では何社ぐらいあるんだろう? いろんなお店が出してるよね。スノーベルのとうきびチョコは「元祖」って書かれているぞ(笑)。
それぞれの製菓会社によって、形や味が微妙にちがっているのが楽しい。形としては、ホリや不二屋と同じ感じ。このとうきびチョコは、とうもろこしを乾燥させ米菓子の「爆弾あられ(ポン菓子)」と同じ方法で圧力をかけ、パフ状にしているんだって。
だから、とうもろこしの甘みと風味と香りがそのまんま残っているのだね〜。そこにミルク系のホワイトチョコがコーティングされているんだもん美味しいはずだぁ〜、ひとつ食べたらまたひとつってとまらない系のとうきびチョコ。とうもろこし好きにはたまらないなぁ。
とうもろこしとホワイトチョコって、すっごくあう〜。サクサクザックザク…ボリボリボリ、歯ごたえもあって美味しい。スノーベルのとうきびチョコが人気なのが分かるね(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 18:40| Comment(4) | TrackBack(0) | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

ぷちぷち (JA愛知のいちじく)


いちじくそういえば、今年になっていちじく食べてないな〜と思っていたら、スーパーつるかめに売っていたよ。
つるかめの表に出ている八百屋さんは、とっても安くて美味しいものがそろっている。1パック4〜5個入りで250円、2パックで450円。こりゃ、ぷるんと大きくて美味しそうないちじくぢゃ。皮が薄くて柔らかなので「皮ごと食べれるよ」って、半分味見をさせてくれた。あま〜い、やわらか〜い、ぷちぷち〜ってことで、4個入りを2パック即買い。
西瓜や桃も、ざっくざっくと切ってあって、いつも味見をしてから買えるのが嬉しい。
冷蔵庫できゅ〜〜っと冷やして、柔らかな皮をむく。いちじくの説明がとても可愛らしく「皮は軸の方からやさしく厚くむいてください」ってイラスト入りで書いてある。優しく優しくむかなきゃいけない。
スプーンでアイスのようにすくって食べる。キンキンに冷えていて、甘みも充分。美味しいねぇ、甘いねぇ、このぷちぷち感がたまらないねぇ。今年も美味しいいちじく、食べることができやした(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 19:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 野菜・果物 ・木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする