2008年10月31日

ニッキでケーキなさつまいも (喜田家の『芋小筥』)


芋小筥東京は千住の和菓子屋さん、喜田家の芋小筥(いもこばこ)でございます。
以前にご紹介した北海道のわかさ芋とはまた違うタイプのおさつ饅頭であります。わかさ芋は焼き芋の風味を、香ばしいお醤油味で表現していますが、こちらはおさつの皮のところにたっぷりのニッキ(桂皮)がまぶされていて、とってもスパイシー。そして、中のおさつ餡にはバターや練乳が練りこまれ、ケーキのモンブランみたいな洋風な味わいであります。
わかさ芋が焼き芋風味なら、こちらはスイートポテト風味とでもいいましょうか。違った個性を持つおさつスイーツ、私はどっちも大好きで、順位はつけることができません。いただけるのなら、どっちでも受け入れオッケー。ありがたくいただきます(笑)。
和菓子ですが、日本茶だけでなく、コーヒーや紅茶にもすごく合うと思います。おいしいおさつのおやつを味わいながら、今年も焼き芋の季節がやってきたなぁと、しみじみ幸せをかみしめる、おさつ大好きなわたくしでありました(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | おさつスイーツ・芋菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

生バラのかほり (パフューマーズ・ワークショップのティローズ限定コフレセット)


ティーローズのフレグランスくんくんくん……。まりたまが職場のお友達がつけている爽やかなバラの香りが気に入って、教えてもらったのがこれ。なんでも香水というより、本物のバラの香りがするらしい。てことは、あの生バラのリンゴのような香りなんだろうか? しかも、製造元がなくなってしまと聞いて、ショップを教えてもらって、速攻で買っちゃいました。『数に限りが』って言葉に弱い私……。
私はまりたまに勧められた、ティーローズ(120ml)オードトワレスプレーとティーローズボディローション(132ml )がセットになっているコフレセットを注文。2,990円 (税込3,139円) 送料込っていうのがポイントだったり。楽しみにしていたら、すぐに届きました♪ 
さっそくシュッとしてみると、ほへ〜、ほんとにバラの花びらの香りが……。香水や香料のバラの香りって、じっさいのバラよりキツくて作ったっぽいけど、これはほんとにバラの花のにほひです。私はバラの花はリンゴの香りがするっていつも思うのですが、まさにその香りなんです。なので、強い香りが好きな人には不向きかも。植物っぽい爽やかでやさしい香り。ルームフレグランスとして使っている方も多いというの、わかります。いかにも芳香剤っぽいのっていやだけど、ほんとに部屋にバラの花が生けてあるみたいな香りが素敵です。いっしょに入っていたボディーローション、これもやさしいバラの香り。ほわ〜と幸せ気分。つけているといいことがやってきそうです。
ああ、おいしいリンゴが食べたくなっちゃいました。結局食欲に落ち着く私でふ。ぶひ♪

もっとバラのフレグランス⇒ふんわりバラの香り市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

二つ折にはわけがある? (高木製菓の『みそせんべい』)


高木製菓のみそせんべい私の好きな甘いおせんべ。味噌煎餅。のはずなのですが、原材料は「小麦粉」「砂糖」「植物油」とあり、味噌が抜けている。
さらに、お煎餅には鉱泉使用と書かれている。温泉マークもついている。たしかに普通の味噌煎餅と違って、炭酸煎餅風の生地だす。さらに、お煎餅には磯部煎餅と書かれている。なのに、お煎餅のパッケージにはただ「みそせんべい」と書かれていて、なぞが深まる不思議なお煎餅でありまふ。
でも、すごくおいしかったので、そんなことはまぁどうでもよろしゅうございます。ぱりっとした潔い食感と、ほのかな甘み、たいへんよい感じの甘い系お煎餅。たいへんわたくしの好みにフィットしておりますた。
ところで、こういう半月型に折り曲げた味噌煎餅を「みそ半月」とか「折り味噌煎餅」って呼ぶんですね。初めて知りますた。味噌煎餅にも、丸いまま、二つ折り、四つ折りなどあるみたいで、折り曲げるほど食感は硬くなるということで、どうやら折り曲げるのはお煎餅の強度を高めるためのようです。
四つ折りというのにも、一度は遭遇してみたいものでありまふ。どんな強度のお煎餅なんでせうね(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 22:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 煎餅・あられ・ぼうろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

猫の舌 (静岡さがみ園の『抹茶のラングドシャ』)


静岡茶ラングドシャ小さい頃から大好きなお菓子ラングドシャ。
幼馴染のHくんの家へ行くと、いつもおやつにラングドシャを出してくれてお持たせしてくれた。丸くて一口サイズで、美味しかったなぁ。しみじみ…。あのしゃりしょりとした食感に、口の中に広がるやさしい甘さ。ん〜、たまんないね。
その薄い猫の舌のようなラングドシャに、静岡茶を入れた香豊かな抹茶チョコをサンド。なぜか袋から出すと、ラングドシャ部分とチョコ部分がはらへりほら〜っと分かれてしまっていた(笑)。
中の抹茶チョコは、チョコクリームというより薄い板チョコみたいで食べ応えあり。はさみなおして、むぐっ。美味しい〜。お茶の香はいやされるね〜。
茶都利(さとり)ラングドシャで検索すると出てきたよ。ここのお店で買えるんだって。
Yちゃん、ご馳走様〜(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

いかれぽんちはカレー味 (カルビーの『よこすか海軍カレー味』)


よこすか海軍カレーチップス最近とっても忙しく、ブログはゆかたまにまかせっぱなし。皆様へのお返事も遅くなり、まったく申し訳ありませぬ。11月中旬には落ち着くので、その間お返事遅くなりますが、許してくださりませね〜。
そんな忙しい中で、一番の楽しみは“おやつタイム”でござりますな。ふふふ。甘いもののほか、塩系のものがとっても食べたくなるのは体力系だから。すっかり筋肉のついた腕っぷしになっちまいましたよ(笑)。疲れ果て、いかれぽんちになった私たちには新鮮だったカルビーの『よこすか海軍カレー味』ポテチ。
袋にポテトチップスと書かれた下に『芋』っと書かれていたのが、なんとも可愛らしくクスリと笑ってしまった。カレーチップスってありそうで、なかなかないので食べてびっくり。スパイシーで美味い! 野菜いっぱい使ったカレー味で、複雑な味がする。これ、サンドイッチとかカレーとかと一緒に食べても美味しいだろうなぁ。
美味しいから皆さんにも食べてもらいたいわ〜と思ったら、関東圏のみの期間限定販売(9月29日から3ヶ月間)でした。東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨・栃木・群馬・茨城では購入できるみたいなので、カレー味スキスキ〜って方はぜひトライしてみてちょ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 19:31| Comment(6) | TrackBack(0) | スナック・肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

小花クラッカー (ゆかたま亭の『黒ゴマクラッカー』)


ゴマクラッカークラッカーの定義は、砂糖を少量もしくはまったく入れない、甘くないビスケットのこと──だそう。というわけで、いつもよりかなりお砂糖控えめのゴマクッキーでございます。おお、たしかにクラッカーっぽくなりまする。
材料は、黒ゴマ、薄力粉、塩、砂糖(少々!)、豆乳、オリーブオイルと、めちゃくちゃ素朴。これを適当に混ぜて、伸ばして、フォークでさくさく穴をあけて、お花型で抜いて、塩少々の卵黄をハケで塗って、あとはオーブンで軽く焦げ目がつくまで焼くだけ。とっても適当。シフォンみたいに厳密な材料や、メレンゲの泡立て方とかがなくて、たいへんお気楽に作れます。
コマの風味がとっても香ばしい、適当&素朴なおやつ、ぜひお試しあれ(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 17:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

シルエットリンゴ


シルエットリンゴ本日の朝日新聞の夕刊に、モナリザの絵の浮かび上がったリンゴの記事が載っていた。これは青森、弘前市のリンゴ農家が袋をかぶせず、モナリザの肖像の切り絵シールを張って作ったもの。日光の当たらなかった部分が白っぽく残るんですな。なかなかに美しい。リンゴにアートなんて、素敵です。
ところで、以前うちにもこんなリンゴが。リンゴにリンゴが浮かび上がってる〜。リンゴにこんな柄が出るなんて、どういう偶然!? と思って喜んでいたら、隣のリンゴの影でできた、正真正銘のリンゴのシルエットだったんですわ〜。わ、わ、わ……かわいすぎるっ。
モナリザは意図的に作ったものですが、こちらは自然がつくったアート。あんまり可愛いので、写真に撮っておいたのですが、今夜の新聞記事を見てご紹介することにいたしますた。芸術の秋ってことで、たまには食べ物の味以外のお話もね(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 19:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 野菜・果物 ・木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

食物繊維の王様 (JAみなみ信州の市田柿)


市田柿市田柿というのは、柿の品種ではなく、南信州の飯田地方の特産品の干し柿のこと。秋の終わりに吊るされて、一ヶ月干されたあま〜い干し柿。もとは渋柿だなんて思えない、お菓子みたいなその甘さ。うっすらと白い粉をふいてきたらできあがりだそう。これは柿の糖分が出てきたものなんですね。お砂糖も入ってないのに、まるで砂糖菓子のよう。むふー♪
食物繊維たっぷりの、ヘルシーでナチュラルなおやつでございます。もっちりとした食感と、太陽にはぐくまれた甘みがナイスです。
プルーン、レーズン、マンゴー、パインなどなど、ドライフルーツはどれも大好きだけど、日本を代表する美味なドライフルーツ、干し柿は大大大すきでございます。ぶひ♪
posted by まりたま&ゆかたま at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜・果物 ・木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

遅れ転がる丸いもの (ネスレの『キットカット・西瓜』)


キットカット 西瓜忙しい毎日を送っておりますが、今回の土日が2日続けて休める最後の2連休。来週は日曜だけ、その次の休みは11月も8日をすぎないとやってこない。そんな最後の2連休に吉祥寺でウロウロ買い物しましたよ。
したらね、夏に食べ損なったキットカット西瓜味とご対面。もちろん、お買い上げですわ。お菓子のまちおかで見つけたので、安かった♪ ラッキー。
どれどれ、おぉ〜中の個装も西瓜で可愛いぢゃないですかぃ。実際西瓜が入っているわけではなく西瓜香料なんだけど、食べると「おぉ〜西瓜」って思ってしまう。それにちょぴっと塩味がきいていて、ほんまもんの西瓜みたい。なんとなく過ぎ去った夏の思い出がよみがえるよう。あんなことや、こんなことや、そんなことや、って色々(笑)。あんなの食べたなぁ〜、あれまた食べたいなぁ〜と、いろんな記憶が秋の寒そうな海の波に寄せられてやってくる。たまに季節はずれのものを食べるのも、なんだかいいねぇ。うんうん。

もっとキットカット⇒キットカットいろいろ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:18| Comment(6) | TrackBack(0) | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

千枚の葉っぱ (横濱フランセの『ミルフィーユ』)


横濱フランセのミルフィーユそうそうそう、最近“層もの”にご縁のあるわたくし。ゲンカツもミルフィーユには負けるけれど層になっていた。
週末おやつにYちゃんが持ってきてくれたのは、キラキラおやつ。包みも素敵、それを3個も♪ あまりに美味しそうだったのでお持ち帰り(笑)。OKOHAMA*FRANCAIS(横濱フランセ) のミルフィーユ。キャラメル・ジャンドゥーヤ・ショコラカフェ、名前を聞いただけでじゅるるんっとなってしまった。
高貴な(笑)包みをほどくと、中にはチョコレートでコーティングされた物体が。包丁でざっくりと切ってみると、断面の美しいこと。キャラメルは、私好みのほろ苦さを感じるクリーミィなクリーム。ジャンドゥーヤは、香ばしいヘーゼルナッツの香りがふぅひゃぁ〜んっと漂い、食い気をそそる(笑)。あぁ、生つばが。
チョコラカフェは、大人でビターなエスプレッソのコーヒークリーム。どれも、この薄い薄いパイの間にサンドされ、ぐるりんと同じチョコで包まれている。なんて贅沢なおやつなんだろぉ。薄いパイなのに、何層にもなっているせいか、がっつりとしてしっかり歯ごたえのあるパイに仕上がっている。軽いのにどっしり。贅沢なおやつには、美味しいコーヒーで頂きましたよ。私のイチオシは、ジャンドゥーヤでしょうか。美味美味。お持ち帰りしてよかった〜。いつも珍しい美味しいおやつご馳走様。

もっとミルフィーユ⇒さくさくミルフィーユ市場

posted by まりたま&ゆかたま at 19:01| Comment(4) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする