懐かしの味“フーン” (遠州屋の『黒糖コーン』)

ころんころんころんっと楽しそうに、たんまり入った黒いコロコロ。パッケージには、ちょっと震えたオカルトチックな字で「なつかしの味黒糖コーン」と書かれている。コーンがフーンに見えてしまい、なんともおかしくて、むひょひょっと口のはたで笑ってしまった。 それによ~~く見ると、コーンの照り具合が、蕎麦屋さんの店頭に置かれている狸の置物色なんだよね。つやつやと黒光りした茶色は、宮古島の黒糖を使っているんだ…

続きを読む

細胞分裂 (六花亭の『帯ちゃん広ちゃん』)

くりゅんっと細胞分裂をしたようなぽったりとした白と薄茶色をしたお餅が、透明なケースにぎゅむりと詰め詰めに入っていた。ぎゃはっ! 可愛えぇ~。六花亭のまだHPには登場していない“帯ちゃん広ちゃん”。 包みから出すと、ぷふふっ…ステキなお尻ちゃんみたいぢゃない? 頬ずりしたくなる。生の米粉を使ったお餅は、弾力がありもっちゃりとしていて、ぷよぷよ指で押さえてみたくなる。すあまみたいなもんかな?と思っ…

続きを読む

遺跡発掘隊「隠された秘密」 (ドルチェヴィータの『ベーグル型クッキー』)

ちべたい雪が降る北の大地から、ステキなずっしりぶた箱が届いたよ。ぶた箱は、美味しいカロリーの高いものが色々入った箱のこと(笑)。 その箱の隅にちょこりと入ったクッキーを発見。ミニベーグルを半分にカットして中にクリームをサンドし形をそのまま模したクッキーは、今月21日にオープンしたてのイーアス札幌内にあるEbetsu milk and flour“D&M”のおやつ。D&Mの“D”はDOLCE V…

続きを読む

魔王ジョロキア (東ハトの夏季限定)

またまたYちゃんってば、面白いおやつを持ってきましたねぇ。見るからに恐ろしいおやつ。そういえば去年は、ハバネロを持ってきてくれたような…。 今回の恐ろしい魔王ジョロキアは、東ハトの超激辛おやつシリーズで夏季限定商品。東ハトサイトによると、ジョロキアはインド北東部アッサム地方原産の世界一辛いトウガラシで、正式名も現地語で「Bhut Jolokia(ブート・ジョロキア)」、幽霊のトウガラシって言う…

続きを読む

魅かれしもの (リプトンのSweets Collection)

食べられなくても、香がなくても、激固でも、可愛いくて美味しそうなものは欲しくなる。 ちょっと前になるけれど、リプトン第3弾でスイーツコレクションストラップがおまけについていた。 ドリンクじたいは、どちらかというと甘めなので買ったりはしないんだけど、今回は別。 ドリンクがおまけ(笑)で、おまけが本命。あまりの可愛さに皆で集めまくったよ。 「ない~!」「あったよぉ~♪」と連絡しあい、なんとか…

続きを読む

御所車の音色 (菓匠清閑院の『雅車』)

コロコロコロコロ車輪が回る、漆塗りの金箔がついた御所車の車輪みたい。ちょっと時間をさかのぼった雅な感じが漂うのは、京都の和菓子やさんならではかな。 菓匠清閑院の雅車は、しっとりとした黄身餡風漉し餡、口の中でほろりと崩れる。なんてしなやかでなめらかなんだろう。ひとつが、わりと大きめなので「食べた~♪」って実感があっていい。 あり? この食感、松月の栗こがねに似てる~。たぶん表面の餡が黄身餡だか…

続きを読む

ぴぽぴぽキャラメル (森永の『塩キャラメル』)

お腹がぐぅぐぅなって「こりゃたまらんわい」って時に、最高に美味しいキャラメルがコレ。今一番のお気に入り。塩キャラメルって、いろんなメーカーからでているけれど、Miちゃんに貰ってから、はまりまくっているのがコレ。そう、コレコレコレよぉ。 森永の塩キャラメルなんだけど、パッケージはおフランスの国旗色、ブルターニュ産の塩を100%使用。これ食べたら、他の塩キャラメルはヘッって感じ(笑)。ずっしりと甘…

続きを読む

ラズベリー色の宝石 (アテスウェイの『フォンダンショコラフランボワーズ』)

地球の真ん中を掘ってみたら、とても深い深~~いところから、甘い濃厚な地層が現れた。ビターで濃いこげ茶色の断層は、フォンダンショコラでできていた。地層の一角を掘り出したようなケーキは、アテスウェイのフォンダンショコラフランボワーズ。うわ~、食べるのお初だ♪ しっかりとした濃厚でビターなガナッシュキャラメルの生地にチョコレートクリーム、下の層にはフランボワーズのコンフィチュール(ジャム)がサンドさ…

続きを読む

雪ふるスフレ (西洋菓子おだふじの『武蔵野スフレ』)

生まれたてのほわほわ雪を手の中でとかしたような、とろりととろけるケーキ。手のひらにすっぽりとおさまるスフレは、おだふじの“魔法のチーズケーキ”と“とろけるチョコレートケーキ”。 そういえば、他のお菓子もみな天使のやわらかな羽のようにふわっふわだった。もしや、おだふじではガブリエル様やルシファー様が純白な羽で作ったエプロンをして、卵を割ったり生クリームをたてたりしているのではないだろうか? など…

続きを読む

五色繭 (蜂の家の『まゆ最中』)

まゆ玉って、幾重にも糸を重ねて重ねて美しい玉ができるんだよね。あの不思議な蚕が作り出すとは思えない、純白な玉。そんな綺麗な玉を和菓子にみたてて作ったまゆ最中。 箱の中には、5種類入っていた。ピンク(胡麻)・むらさき(小豆)・しろ(白つぶし)・薄茶(黒糖)・みどり(柚子)色をした5色繭玉は、しっとりとした最中皮に、とろりとなめらかな漉し餡が入っていた。繭の形が可愛いね。まるでぶとっちょなナツピー…

続きを読む