かーさんゲット (ミスターイトウの『かーさんケット』)

つるかめランドのおやつコーナーで、いいもんめっけた。色とりどりのパッケージが並ぶ中、超素朴でシンプルなおやつ“かーさんケット”発見。 古臭すぎるイラストにココロ惹かれてしまった。表も裏も昭和初期? みたい。がさっと並んでいる姿は、マリービスケットを思い出す。 裏表示の“おいしい召し上がり方”もステキで、こどもはミルクを飲みながら、母さんはコーヒーを飲みながらケットを食べている。 なんとも微…

続きを読む

思い出の沖縄 (ブルーシールの『アイスクリーム』)

食べたらすっかり載せるのを忘れてしまっていた、思い出の沖縄の味。数年前に行った沖縄で食べたブルーシールのアイスクリーム。当時は、まだ本土にブルーシールが入っていなく、催事なんぞで来る程度だった。カラッとした空気の自然いっぱいの中で食べた、紫芋のアイスは格別だった。 紫芋も今では八百屋さんで見かけることも多くなったけれど、お芋じたいも本土持込禁止なんて言ってたっけ。 沖縄からブルーシールのアイ…

続きを読む

とろりんこ (ケーキボックスカフェの『バタートフィワッフル』)

最近海外のおやつでも、材料や過程にこだわったものが多くでまわっているような気がする。syasyaのメッセージクッキーもそうだったね。これと一緒に買ったのが、トフィワッフル。 キャラメル系のおやつは、ついついお連れしてしまう。我慢できずわしづかみ(笑)。 ワッフルといっても、ふわふわ生地にカスタードではなくて、薄ぺったいにキャラメルをぺらぺらワッフル生地。 ケーキボックスカフェのバタートフィ…

続きを読む

ほっぺたおちた (明治製菓の『北海道チーズキャラメル』)

時々ままたまが「こんなの見つけたよ~」と買ってきてくれる、私の大好きなチーズ系おやつ。今回は、キャラメルですな。 キャラメルは、疲れたときの復活力にばっちりきく。明治製菓の北海道チーズキャラメルは、見た目ふつ~のキャラメル。だけんども、食べたら…ううううぅ、うまぁ~~い。うまっうまっうまっっ。森永の塩キャラメルに負けず劣らずで、どっちが美味しい? と聞かれたら、正直困る。北海道十勝で熟成された…

続きを読む

やっぱりコレ (レモンドロップの『3種のケーキ』)

ちょっと小雨が降って寒く気分も落ち込み気味、こういう時は美味しいものを食べるに限る。そこで食べたくなったのが、吉祥寺イチオシLEMON DROP本店のチーズケーキ。昔は洋ナシのタルトが大好きで、そればっかり食べてた。今はなくて残念。フルーツトルテとチーズケーキ(2コ)とカマンベールチーズケーキ(レア)をお買い上げ。持って帰る時、たった4個のケーキなのにずっしりと重い。 ランチを翠蘭でがっつり食…

続きを読む

お虎さま (とらやの『小形羊羹』)

がぉ~がぉ~、お虎さまは和菓子を求めて毎夜ぐるぐるまわる。バターにはならないけれど、お虎さまの作る羊羹はうまい。羊羹はもともと「羊の羹」羊肉入りのとろみある汁物のことだったとか。ひょえぇ~、ちょっと想像したくないねぇ(笑)。 とらやのHPによると「鎌倉~室町時代、禅僧が点心 (食間に食べる小食) の一つとして中国から日本に。しかし、禅僧は肉食を禁じられていたため、日本では小豆や葛、小麦粉を用い…

続きを読む

吉ぱん (アンデルセンの『吉祥寺あんぱん』)

あんぱん食べると自然と牛乳が飲みたくなる。この組み合わせって、最高だと思う。 だけんど、牛乳いらずなあんぱんを見つけたよ。もちろん、牛乳と頂けばさらに美味しさ増すんだけどね。 先週、吉祥寺東急の地下がリニューアルされた。 メゾンカイザーがなくなって、サンジェルマンが小さくなって、アンデルセンがやってきた。アンデルセンはなくなった伊勢丹に入っていたんだよね。パン屋さんが、また吉祥寺から一軒な…

続きを読む

妖怪“ぬまんじゅう” (喜田家の『春うらら』)

名前に似つかわしくない(笑)、お饅頭。春うららというだけあって、春らしいすがすがしい季節感あふれる和菓子かと思ったら…、あれれ? 春だけど湿地帯。お饅頭がかなりしっとりとしているので、袋の中に表面の皮がぬっちゃりとひっついて、せっかく美しくのせた金粉がすべて袋にくっついていた。くっ…残念ぢゃ。 禿山を作ったお饅頭は、薄皮部分がとれ、お饅頭をひっくりかえしたよう。しっとりしたココア生地は、しっと…

続きを読む

ずんだった、ずんだった♪ (カルビーの『東北限定・ずんだ』)

ず~んだっだた~♪ ず~んだっだた~♪ ず~んだ、ず~んだ、ず~んだっだた~♪ ワルツですな。ずんだの・味しさだひゃ~っとあらわしている、東北限定じゃがりこを頂きました。じゃがりこ地域限定シリーズが、またひとつ増えましたの。カルビーさすが、ってくらい・味しいじゃがりこ。じゃがりこが初めて販売されたとき、・味しくてぼりぼりぼりぼり多べてたっけ。ずんだのツブツブ入りは、とってもお・っぽくって東ハトビ…

続きを読む

女王様とお呼び・3 (福島岡田農園の『章姫』)

のっぽな姫様は、とんがり頭。まっかなお顔をして、甘い香りを漂わせている。隣にいる姫様方とふっと触れるだけで傷ついてしまうほど、繊細。 行儀よく並んでいる真っ赤なヒトたちは、福島県の岡田農園さんからやってきた苺ちゃん。章姫(あきひめ)というお名前の苺は、農園さんが発送したくないというほど柔らか。蓋をあけると、こもっていた香りがぶは~~っと部屋中に広がる。ななななな…なんなんでひょ、このよひかほり…

続きを読む