ヒーハー! カラムーチョコ!(COLOMBINの『レッドペッパーチョコレート』)

韓国お土産第2弾は、びっくらこきこきレッドペッパーチョコレート。COLOMBINは、韓国のチョコレートメーカーなんだって。ひとつずつ個装されていて、オレンジとグリーンとシルバーのアルミ箔系の包みでつつまれていて可愛い。 地元で作られたチョコレートは、さすが韓国って感じで、レッドペッパー入りだよん。まぁ、チョコに胡椒や山葵なんて入れちゃうくらいだから、レッドペッパー入りもあっておかしくはないよね…

続きを読む

い~と巻き巻き♪ い~と~巻き巻き♪(韓国の宮中茶菓『クルタレ』)

「いと巻き巻き、い~と巻き巻き、ひ~ぱってとんとんとん♪」と、この飴のための歌のよう。見た目ふさっふさの繭玉ちゃんは、韓国の宮廷伝統菓子クルタレ。 クルは蜂蜜、タレは糸状のものという意味で、この名前がついたんだって。先日、叔父夫婦TさんとYさんが韓国旅行へ行ったとき、買ってきてくれたもの。 名前は変だし、形もいびつでひとつずつ形が違って面白い。よく見ると、ほそ~~~い糸巻きみたい。繭玉にも見…

続きを読む

可笑しなお菓子 (栗山米菓の『都こんぶあられ』)

都こんぶといえば中野物産。誰もが知っている酢こんぶで、小学生の頃は車に乗るときには必ず持っていたっけ。って、今はそうでもないけれど、小さい頃は車酔いしてたんだよね~。酔いそうになると、これをクンクン(笑)。で密室でやめれって言われてたっけ。ぬはは。 そんな都こんぶも年々中の容量もかわり、ずいぶん減ってしまったような気がする。昔は袋を開けると、ぎっしり入っていた記憶があるんだけど、今は数枚だよね…

続きを読む

モンブランにハイキング(自由が丘モンブランの『モンブラン』)

らったった~♪ らったった~♪ アルプスの最高峰モンブランに行ってきましたよ~。ふぅ~さぶさぶさぶっ。登山なんて久しぶりだから、筋肉痛になっちゃった。えへ。なんてことはない、実際行ったのは自由が丘。どこのケーキ屋さんでも見かける、あの有名な黄色いうにょうにょクリームののったモンブラン発祥のお店ですな。 モンブランへ行ったならば、色々美味しそうなでっかいケーキの誘惑に負けそうになりながらも、モン…

続きを読む

チョコレンガ (セルリアンタワー東急ホテルの『ケーク・ショコラ』)

2匹の子豚のゆかぶーが作ったおうちは、がっつりとしたレンガで頑丈立派です。風にも雨にも負けません。ただ唯一の天敵は、食いしん坊のまりぶーでした。変な音がするのでゆかぶーが窓から覗いてみると、そこには家にかじりついているまりぶーの姿が(笑)。「ガリガリガリガリ、こいつは美味いや。 レンガはチョコチップ入り♪」 そんな話がわきでてくるケーキは、セルリアンタワー東急ホテルの最後の一本“ケーク・ショコ…

続きを読む

木漏れ日デザート(韻松亭の『クリームあんみつ』)

上野国立西洋美術館に“フランク・ブラングィン展”を見に、ゆかたまと行ってきました。 企画展で写真は撮れないのはあたりまえだけど、常設展(松方コレクション)は個人で所有するのであれば撮り放題と聞き色々ここぞとばかりに撮っちゃいました。おほほ。 日本の美術館で写真が撮れるのって、本当に珍しいことだから。絵画・彫刻、時間はかかったけれど、なかなか良かったです。フランク・ブラングィン展は、木版画の光…

続きを読む

損して得取れ(船橋屋の『クリームあんみつ・くず餅』)

昨日雨の降りそうな天気の中、東京江戸博物館へ“坂本龍馬伝”を見に行ってきました。きっとすいているに違いないとたかをくくっていたら、外まで並んでいてびっくり。ぎょへぇ~、テレビでやっているせいか年齢層はかなり高く90%はご年配の方々で、残りは学生が占めていたかな。観光バスでだかだかとやってくる修学旅行の季節なんだねぇとしみじみ。中も大混雑で、ひょっこひょっこと隙間を狙って見てきました。 見終わっ…

続きを読む

雪降るいちご摘み(池田食品の『苺つみ・雪ボーロ』)

季節はずれの雪が降ったりした2010年。まず東京では4月になんて降ったりしない。思い出して降ったとしても3月どまり。そんな季節はずれの雪を思い出させるおやつが北の大地から届いたよ。 まぁるいコロコロとした雪降る中、真っ赤に熟した苺を摘む。甘い香りに誘われて、フラフラまりたまがやって来る。創作豆菓子の池田食品さんのボーロ。2種類お皿に入れると、なんとも愛らしい。 苺つみは、札幌固有種“さとほろ…

続きを読む

ケーキなパン(セルリアンタワー東急ホテルの『ル・パンデピス』)

セルリアンタワー東急ホテルのケーキ3本セットは、どれも見た目も美しい。2本目に食べたのは、ル・パンデピス。言葉の意味もわからないまま食べたのがまずかった。 ざっくりと大ぶりにカットして、一口食べてみた。あれ? これ? ケーキぢゃないよね?  蜂蜜と香辛料たっぷりの黒糖蒸しパンみたい。どんなに味わっても、ケーキではなくてどっしり蒸しパン。ざっくりとしていて、ほのかにオレンジにレモン・ライ麦の香…

続きを読む

お主も悪よのう(亀甲堂の『瓦せんべい・小判』)

「ふぉっふぉっふぉっふぉっ…、越後屋お主も悪よのう」と、悪代官との会話でよく登場するセリフ。 風呂敷に包まれた桐の箱の中には、食べれない黄金の小判型菓子が入っている。先日水戸黄門でもやってたっけ(笑)。 小判型のお菓子を見ると、どうしてもこのセリフが頭をよぎり、むはっと笑ってしまう。これは、先日お誘いを受けて国立劇場に文楽を見に行ったとき劇場で手に入れたもの。1袋16枚入りで400円。表には…

続きを読む