なんて読むの? (K-B KEIJIの『ドイツパン』)

赤坂散歩で氷川神社を訪れた時、赤坂駅の大通りをちょっと奥に入ったところにドイツの素敵なお菓子やパンを売っているお店を発見。店がまえからしてなんだか、ワクワクするじゃないですか。 K-B KEIJIは、なんて読むんでひょ。カーバーケイジとか? ケーベーケイジとか? なんだろう? と思っていたら、カーベーケージでした(笑)。お店の名前は難しいねぇ。 さっそく店内へ。おぉ~、可愛いケーキから焼き菓…

続きを読む

巻いちゃいました (豊川稲荷の『いなり巻』)

豊川稲荷は、2度訪問。1度目は花祭り、2度目は八重桜が満開の時期、どちらも良い時にゆきました。2度目に行ったときに発見したのが、これ『いなり巻』です。 小麦粉で焼いたカステラ生地で、砂糖と水飴を練って作った芯を巻いたお菓子。せんべい部分はシャクシャクと歯ごたえ良く香ばしく、中の砂糖部分は結構硬めのコリコリで思ったほど甘くなくはまってしまいました。すべて手巻きで作っているそうな。 この巻き巻き…

続きを読む

お狐様のお通り (赤坂・豊川稲荷東京別院の『お狐様』)

浄土寺をあとにし、赤坂見附方面へ歩き青山通りを渋谷方面へ歩いてゆくと、右手に提灯が沢山ぶら下がった豊川稲荷にたどりつきます。夜もきれいなんですよ。この提灯が。 入り口にはまだ蕾が膨らみ切っていない八重桜。手を清め、本堂でお参り。通常狛犬様がいらっしゃるところに大きなお狐様が。立派です。中にも入れるそうなのですが時間がなくて入れず、次回は入ってみましょう。 本堂前にお釈迦様が飾られて甘茶をかけ…

続きを読む

気がつけば花祭り (赤坂浄土寺の『花祭り』)

赤坂の喧騒の街中沿いにありながらも、入り口を入るとここはどこ? というくらい静かな落ち着いたお寺。 忙しくしている私たちに静かな心を思い出させてくれるようなそんな場所でした。 入り口のそばには可愛いお地蔵さまが二体、いつも綺麗なお花が供えてあります。中に入るのは初めて。お稲荷さんに行く途中に偶然入ったお寺でしたが、入って正解。 すっかり忘れていたのですが、この日はお釈迦様の誕生日(4月8日…

続きを読む

なにに使おうか? (ゆかたま亭の『レモンとキャロブのマフィン』)

前回のリンゴケーキに使った広島のレモンが、冷蔵庫に半分だけ残っておりまして、これはこのままではもったいないと思い、なにかに使おうと朝食の片付けのあとに試案しておりました。 シフォンケーキを作るのはちと面倒だし、クッキーに入れるのは難しそうだし……というわけで、ノートに書いてあったレシピをぱらぱらめるくと、マフィンが出てきました。 半分だけのレモン汁のために、どっさりというわけにはいかず、三つ…

続きを読む