普通が素敵(ローソンのメロンパン)

ローソンのメロンパン.jpg最近はメロンパンにもいろんな種類がありますが、私もまりたまもオーソドックスなメロンパンが好き。とりわけ気に入っているが、日本全国どこでも買えるローソンのメロンパン。
中はふんわり、外はさくさく。甘すぎたりオイリーだったりせず、ほんとに昔ながらのメロンパンの味。おいしさの秘訣は、中生地に白いんげんの粉をまぜてあることだそう。パン生地のほんのりとした甘みとふんわりな食感はそのおかげなのかな。
気をてらわず、余分なものを入れず、味も食感もいかにもメロンパンらしい味に仕上がっているのがお気に入りでございます。昔から好きなものって、普通がいいんだよね。あんまり変形されちゃうと、なんか違うなって思っちゃう。
高野のフルーツクリームの入ったのや、本物のメロン果汁を加えたルノートルのメロンパンもすっごくおいしかったけど、メロンパン食べたいなってふと思ったとき、食べたいのはやっぱり普通のメロンパンかな。
お値段も、105円とお手ごろなのがいとしいであります(ゆ)

この記事へのコメント

  • お茶の子

    イマドキのお菓子は、凝ったモノが多くて、それはそれで楽しいし、あれとこれのコラボなんて、目からウロコの組み合わせがあるのだけれど、やっぱり普段に普通に食べられる、お値段と味って、すごく大切ですよね。
    コンビニもよし、町のパン屋さんのメロンパンもよし…でも、街角の小さなパン屋さんが少なくなっているのは、ちと悲しい気がします。
    2011年01月29日 19:53
  • ゆかたま

    ★お茶の子さん、こんばんは~♪
    凝りすぎってのは、いけませんのう。新しいアイディアを出すのは素敵なことですが、本来のおいしさや風貌を極端に変えてしまったものって、一瞬おおって思いますけど、結局はオリジナルがいちばってことに落ち着きますよね。
    普通っていうと、個性がないとかそういう意味でも使いますが、普通のよさっていうのありますよね。

    おしゃれなベーカリーもわくわくしますが、昔からある素朴な小さなパン屋さんを見つけるとほんとに嬉しいです。下町にはそんな素敵なパン屋さんがまだまだありますが、いつまでもなくならずにつづけてほしいですよね。
    2011年01月29日 21:21

この記事へのトラックバック