ほんとはひと口サイズのお菓子なそうな(文明堂のピンクグレープフルーツのブッセ)

ピンクグレープフルーツのブッセふわふわぱふぱふなブッセ。いただくと思わずにやり。このもっこりした大きさも素敵。
と思っていたら、ブッセ=フランス語でboucher、日本語に訳すと「ひとくちサイズのお菓子」なのだとか。
ひえ~、小さいお菓子どすって? ブッセって、もっこり大きくないですか? ひとくちでは食べられなくないですか? 
しかも、本場おフランスでは、中にクリームやジャムをサンドするわけじゃないらしい。まるくふくらんだ気軽なお菓子ともいわれ、中にはなにも入ってないのだとか。
ふむふむ……これはきっと、日本のお菓子屋さんが、大きくしてクリームなどサンドするようになったのかも!? ひえ~、ありがたや。
小さなブッセもかわいいけれど、私はふっくらもっこりなブッセが大好き。あの独特のふんわりとさっくりのミックスした不思議な食感が大好き。中においしいものが挟まっているのも♪
今回の文明堂のブッセはピンクグレープフルーツのジャム。グレープフルーツっていうのが珍しいですよね。マーマレードみたいでおいしかったです。ぶひ♪(ゆ)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック