かつお・マグロとレオのまち(西武ライオンズの『宮崎南郷キャンプ』)

かつお・マグロとレオのまち .jpg現地に到着したのが2時前だったので、もうかなりの人が来ていてびっくり! 考えてみれば祝日ですからご近所のちびっこたちもきているわけです。
スタジアムで練習を見た後、ブルペン手前の体育館前ファン待ちの並びに。次々に練習を終え戻る選手をひたすら待ちます。
初日は驚くほど沢山の選手と会うことができました。これで、お顔と名前が一致です(笑)。
投手は、岸さんに始まり、郭くん・ともみん(高橋)・宮田くん・まっきー(牧田)、捕手の銀ちゃん(炭谷)・森くん、内野手の梅田くん・永江くん、外野手の栗さん(栗山)・あっきー(秋山)・木村くんの12人。
目指せまっきーは、35番の背番号Tシャツにサインを頂きました。もちろん握手と写真も忘れずに♪
朝早くから夕方までお疲れのところ、ファンに囲まれサインに写真・握手と、嫌な顔せずライオンズの選手たちの人柄がでますね~。
いつもは遠くから見ている人たちが、間近で見れ会えるのは、ファンにとって本当にうれしいことですね。気分が若くなりますよぉ。長い長い一日なのに、疲れることなく待てるのは、一種の愛ですね(笑)。
宮崎は南にあるので日がとても長く、山の上のキャンプ地から拝む夕日はとても美しくココロあらわれるようでした。
駅からキャンプ地までは坂坂坂坂のぼり坂なので行きはタクシーで。着くまでに体力使い果たしてしまいそうなくらい急な坂道続きです。なので、帰りは坂坂坂坂くだり坂。歩いて20分ほどで駅到着。田舎なので、道に明かりがありません。暗くならないうちに帰りましょう。
帰り道「かつお・まぐろとレオのまち」と書かれた大きな看板が! 面白いです。
行きはさ~っとタクシーで来たので、帰り道を覚えてなくて見覚えなくて一瞬迷子になったかと思いましたが、Miちゃんがナビで駅まで導いてくれました。ありがとぉ。
千葉もそうだったけれど、人が歩いてなくて聞くに聞けない、一人だと逆方向行ってたかもね。電車に乗って1時間半の道のりを帰ります。帰りは疲れてぐぅぐぅ。
ほとんどのファンの人がぐぅぐぅ。宮崎駅に着く頃にはもうまっくら。ほとんど食べずに過ごしたのでお腹がぐぅぐぅ。
駅に着いたのが20時半すぎだったので、駅前のケンタッキーとファミマで夕飯と飲み物をお買い上げ。朝は7時にならないとコンビニがあかないので夜のうちに調達です。
久しぶりに食べたフライドチキンと醤油がしみた焼きおにぎりは、疲れた身体にとっても美味しゅうござりました。そして長い長い一日が終わりました(ま)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック