海の守護神「鵜戸さん」 (宮崎県の『鵜戸神宮』)

海の守護神.jpg鵜戸神宮は、海に面した断崖の洞窟の中に御本殿がある珍しい神社です。
本殿の中では、なにやら沢山人がいてお坊さんの声が響いておりました。
御本殿を囲うように、左手奥に「撫でうさぎ」があります。撫で大黒様や撫で牛や撫で地蔵などと同じ役割ですね。またまたなでなでしてきました。
陽のささない奥に入っていくと、豊玉姫が子育てのため乳房を岩にくっつけたとされるおちち岩があり、岩をつたって水が落ちてきます。ぽっちゃんぽっちゃん♪
その滴り落ちる水で作るおちち飴を母乳代わりにしたと言われています。おちち飴もあちこちで売られていましたが、参道入り口階段上にあるお店が一番安かったです(笑)。
とても懐かしい味のおちちな味で、オブラートに包まれていますが、すっごく食べにくく歯にくっついたら離れない系のあぶない飴ちゃんです。でも美味しいです。
一緒に買ったMちゃんは「もっと買って来れば良かった!」とプチ後悔してました(笑)。なんせどの駅からも遠いからね。
お参りをすませ御朱印をいただこうかと思っていたら、とっても可愛いうさぎの御朱印帳が売っていて思わず買ってしまいました。そういえば、昨年のキャンプの時も青島で買ったんだっけ。
でも、御朱印帳はそこでしか買えないオリジナルのものが多いのでコレ! と思ったら買わなくっちゃね。うんうん。さすが洞窟の中にある神宮だけあって、御朱印帳が湿気臭、陽の当たらない匂ひがしました。こういうのは保管に気をつけましょう(笑)。
授与所には、カラフルな守袋に入った運玉の一願成就お守りがあり、お土産に購入いたしました。袋の中には、あの岩のくぼみに入った運のいい運玉ちゃんが一つ入っているので、お守りにしては重いです。
あのくぼみの中に入った石を取りに行くのも至難の業ですね。すっごい崖っぷちだから命がけ? 崖だけに(笑)。
御朱印を頂き、まちに待った運玉投げに挑戦です(ま)

この記事へのコメント

  • はし美

    がけっぷちの岩の中にある本殿は、迫力満点ね。
    おちち水がしたたり落ちる岩も神秘的ね。
    2017年03月20日 11:19
  • はし坊

    ぼくは思わず買いたくなるかわいい御朱印帳と
    幸の玉御守が気になるよ♪
    2017年03月20日 11:21

この記事へのトラックバック