可愛すぎる吹き寄せ(京の手仕事 伊藤軒の『た~んと』)

た~んと.jpgわたしの大好きなおやつのひとつ。吹き寄せは、形も素材も味も違っている小さなお菓子が詰まっています。
見ただけで楽しくて、それでもってかわいくて、しばらく見てからじゃないと食べられませんね。駄菓子なのに、お宝みたい。吹き寄せって、誰がもらっても「あら可愛い♪」て思うんじゃないかな。
デザインがおしゃれで、どこのメーカーのおやつかな? と思ってみたら、「京の手仕事」と小さく書いていあったので気づきました。京都の伊藤軒のお菓子だったのですね。
パッケージの裏を見ると、「八ッ橋、蕎麦ぼうろ、ちんまり落雁・・・京のいろどり、た~んとおあがり」と書いてありますね。大阪生まれの母がよく、わたしたちに「たんとおわがり」と言っておりました。ごはんやおやつを食べるときに言う、とってもやさしい言葉ですよね。
目上の人にはたぶん言わず、子供やペットなどにあげるんじゃないでしょうか。
お菓子の名前に、「た~んと」とつけたのはほんとに素敵ですね。わたしたちはその言葉は使ってませんでしたが、猫を飼うようになってからは、「た~んとおわがり」となぜか言うようになっていました。
不思議でやさしいかわいい言葉、関東じゃない方も、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。ペットに向かって「た~んとおわがり~」というと、いっそう愛情が深くなるかもですね。
話がそれましたが、吹き寄せのお菓子たちがまた、小さなオモチャが入っているみたい。すぐには食べず、器に並べてみるのも楽しいですね。
落雁の、桜や梅の花のピンク、不思議な青い小鳥、緑茶色をした舟などが入っておりました。あらまぁ、「ちんまり落雁」って言うんですね。ちんまり……か、かわいすぎる。
小さなサイズの蕎麦ぼうろも、色の違うカラフルなお豆も、ひとつひとつ、見て味わって食べるお菓子かな。
といいつつ……まりたまが買ってきてくれたので、湿気ないうちにいただきま~す♪(ゆ)

この記事へのコメント