寒いときには熱々おやつ(山形からやって来る『とち餅』)

とち餅のお善哉.jpgここしばらくは、ほんとに寒くて外に出るのが難儀でございます。
冬生まれなのに、とにかく寒い寒いと一日中言っておりまして、冬がいつまでも居座っていてはとほほでございます。
そんなときには、あったかいおやつでございましょう。オーブンで焼いたサツマイモもいいですよね。ほくほくして甘くて大好きであります。
でも、それよりもっともっと、あったか~いおやつがこれ。お善哉でございます。白玉を入れるのも好きですが、やっぱりもっちゃりとしたお餅を、甘~いお善哉に入れて、あっつあつで食べるのが最高ですね。ほわ~ん。
しかもこのお餅、山形のお知り合いからいただいた、とち餅だったりいたします。お知合いにならなかったら、まだ栃(とち)の実という名前も知らないままだったと思います。
ずんぐりとしてとっても可愛くて、栗のような実なのですが、栗のように向いたり焼いたりで簡単には食べられないのです。
時間もかかって、渋みをじっくり出してあげないといけないのだそう。茶色になったとち餅、なんの苦労もなく毎年いただいております。ありがたいことでございます。
おいしすぎるとち餅のお善哉、心も身体もほかほかになって、おかわりしてしまったわたくしでした(ゆ)

この記事へのコメント