マルメロの味を知りました(六花亭の『いつか来た道』)

この道はいつか来た道.jpgおや、これはちょっぴり似たおやつですね。札幌の六花亭の”サクサク霜ただみ”によく似たパイ菓子でございます。
食べるカプチーノと言われて、とってもおいしかったなぁ。パイはチョコレート風味、サンドの中に白いクリームがたっぷりと。
風味と色味は違いますが、”この道はいつか来た道”は姿形がそっくりですよ。オーソドックスなパイには、酸味のあるマルメロの果肉が、やっぱりクリームがたっぷり。
こういうお菓子、ほんとに嬉しくなってきますよね。ぷくっとした分厚いパイに、もりっとしたクリーム。は~、おいしい。六花亭のお菓子はほんとにおいしくて、あれもこれも食べたくなりますね。
じつはこの”この道は…”は、物産展でもなく、お土産でもなく、いつもお世話になっているパルシステムから買ったもの。
北海道のお菓子店までいかなくても、ありがたいことに、パルさんが家までもってきてくれたりするのです。
いつでもチラシに乗ってるわけじゃないのが、ちょっと残念ですけどね。贅沢を言わない言わない。ありがたき幸せ。
北原白秋の歌の名前のお菓子、「この道はいつか来た道」と書かれていますが、もうひとつ二番の曲も、また六花亭に新しいクリームサンドのパイが出てくるといいですね。
わたしはココアのパイに、苺クリームの、白秋の「あの丘はいつか見た丘」というお菓子ができるといいなぁ。ぶひひ(ゆ)

この記事へのコメント