いっぱいおっぱい駄菓子(豆富本舗の『鬼のへそ』)

以前ご紹介したこともある、京都の五色豆で有名な豆富本舗の、節分の頃の限定おやつです。まりたまが節分のときに、吉祥寺の三浦屋さんで買ってくれた『鬼のへそ』。すっかり忘れておりました。 賞味期限はどうかしらと思いつつ開けてみたら、まったくオッケー。パッケージがしっかりしたからか、まったくしっけても味の劣化もなく、しゃきっとおいしくいただけましたよ。 お味も素材感も食感も、駄菓子のマコロンにそっく…

続きを読む

どこや?(玉や絲やの『かりんとう』)

最近あちこちで見るおしゃれな袋に入ったかりんとう。京都河原町三条にある、かりんとう処“玉や絲や”。栞にお多福さんの左眉とでこっぱちが描かれていて、面白い。 今回頂いたのは、48種類もの中からMさんが選んでくれた“手まりかりんとう・みたらし”と“絲かりんとう・九条葱”と“友禅かりんとう・きび黒糖”。 私が一番気に入ったのは、小さく畳みたいにひらぺったい友禅かりんとう。干物みたいに薄いパリッパリ…

続きを読む

素朴が素敵(修作製菓の『きなこ棒』)

コープで買った修作製菓のきなこ棒。きなことなにでできてるのかというと、砂糖、オリゴ糖シロップ、水あめ、はちみつ……と、ほぼきなこと甘いものでできている。にもかかわらず、わらび餅を固めたみたいな素朴な駄菓子。まぁるく丸めたものもありますが、これは棒状タイプ。小ぶりなのですが、手にとるとけっこうずしっとしていて、食感はキャラメルのやわらかいやつみたい。 とにかくきなこの味と風味がみっしりで、きなこ…

続きを読む

私の好きな三つの「ぼう」(紅葉屋本店の五家寶)

「ぼう」は五家寶(ごかぼう)のぼう。あとのふたつは、蕎麦ぼうろの「ぼう」に黒棒の「ぼう」。 偶然にも大好き駄菓子にはみんな「ぼう」がついていることに気づきました。 きな粉のお菓子はどれも大好きなのですが、とくに好きなのがこの紅葉屋本店の五家寶。もち米のポン菓子に水飴をしみこませ、きな粉をまぶしただけのシンプルなお菓子なのですが、これがおいしいんですよね。さくさくではなく、しゃく~とちょっと気…

続きを読む

洋風五家宝「ポンマロ」(カナダの『marshmallow*Crispy-Mellow』)

先月末のことになりますが、西友のお買い得コーナーにて見つけたハロウィン菓子。 それもちょっと古臭い風っていうか、一昔前からずっと置きっぱになっていて色あせたような謎の箱がプチ山積にされていた。お値段も破格の99円。もしや…去年の? なんてことはないだろうけど、一瞬脳が血迷った。 パッケージはハロウィンのお菓子なのでオレンジと黒。怪しい墓場とぼろぼろの服を着て箒に乗った魔女とコウモリ、お菓子を…

続きを読む

はっかぱん(菓子舗ミチマタ@岩手)

大きな柴舟だなぁ~、と思っていたら…違った。生姜&砂糖ではなくて、はっか&玉砂糖だった。それに煎餅類ではなくて、ぱんなの、ぱん。ゆかたまの大好きな紫蘇ぱんや黒ぱんやタンナファクルー系のぱん菓子のまわりに、はっか砂糖がついている珍しい駄菓子。 手作りの遠野駄菓子“はっかぱん”は、一口食べてびっくり。なんてったって焼き菓子なのに、口の中が「すか~っ」とする。ほのかに甘い生地は、かっつりとした食感で…

続きを読む

なまはげの“はな○そ” (フルゥール@秋田)

うおぉ~~~っ! と叫びたくなるほど、大きな“はな○そ”。いったい、こんな大きな“はな○そ”を体内で作り出すなまはげって…どんなに恐ろしい奴なんぢゃろか(笑)? 秋田土産に頂いたなまはげの“はな○そ”は、からだに美味しい沖縄産の黒糖をかけた麩菓子。大きいの小さいの、いろんな大きさがあるけれど、大きくしっかりと書かれた“なまはげのはな○そ”は、美容と健康と健脳のための植物性蛋白食品とある。わはは~…

続きを読む

出雲そば味(おやつカンパニーの山陰限定ベビースターラーメン)

友人のMiちゃんの出雲のお土産は、おやつカンパニーのベビースターラーメン山陰限定“出雲そば味”。島根県の蕎麦粉と宍道湖しじみ醤油を使い、本当に蕎麦を食べているよ~みたいな味でビックリ。麺にはしっかりと蕎麦出汁の味がして、蕎麦にダシを滲みこませて乾燥させた感じ。 なんだか、美味しくできていて驚いてしまう。最近のおやつは、すごいなぁ。ベビースターラーメン地域限定シリーズもいろんな味があって、魅力的…

続きを読む

黒豆きなちょこぼ (池田食品の黒豆きな粉味チョコボール)

豆菓子っていえば、最近私の中では池田食品 。創作豆を色々作っている会社で、今まで食べたお菓子はどれも美味しかったな。 大塚農場産の黒豆を直火焙煎して、きな粉味のチョコレートでコロリと包み込んだお豆さん。ファイナルファンタジーに出てくる、可笑しな楽しげな曲とともに現れる“チョコボ”のお尻のようだ(笑)。中の黒豆は大きくて香ばしく、きなチョコとよくあう。これがピーナッツだったら、食べれないしくどく…

続きを読む

坊主がいっぱい(池田食品のとうきびボーロ)

ボーロってさ、坊主の頭がコロコロ入っているように見えちゃう私。ほんのり焼き色のついた部分が頭でさ、おもわず顔を描きたくなってしまう。昔はベビーボーロくらいしかなかったけれど、今ぢゃ色んなボーロが売られているのだね。苺つみと同じお店(創作豆の池田食品)のだけれど、チョコがかかっているかかっていないで、ずいぶん食感が違うもんだね。ボーロ特有のカシッとした歯ごたえ、口の中でシュワッと消えていく感じ、な…

続きを読む

こけしな駄菓子(丹波屋本舗のコケシアネス)

荻窪タウンセブンに成田屋さんというお菓子の問屋さんがあるのをご存知ですか? このあいだご紹介した「甘く、かわいく、おいしいお菓子」でも紹介されておりました。まりたまがそこで買ってきてくれた、可愛くてユニークなお菓子、大阪の丹波屋本舗の「コケシアネス」。 原材料が小麦粉・砂糖・卵・蜂蜜と、とっても素朴な、ガリっとかため焼いたそばぼうろ風の焼き菓子です。小さなこけしの姿をしているのですが、アネスと…

続きを読む