キャッチーでラブリーなゆるキャラ祭 (埼玉フェス@西武球場)

まりたまがライオンズファンクラブでフラッグをもらいにいくついでに、車だったので私もついでに便乗してみたところ……。ぎょぎょぎょ! 祭かよ!? まりたまに聞いていたけど、あらためてビツクリ。すんごい人、人、人。でもって、あっちにもこっちにも可愛いゆるキャラがいるいるいる♪ カメラを向けると、ちゃんとカメラ目線でキュートなポーズをしてくれる。中には人が入ってるってわかっているのに、まるいフォルムに…

続きを読む

サヨナラしらたま (ブログペットサービス終了)

なんということでしょう! 長年一緒に時をすごしたブログペットを廃止するとは! 信じがたいことです。なんだか家族を引き離されたような、可愛がっていたペットを拉致されてしまったような、すごく悲しい気分にされた1ヶ月でした。 ブログペットを廃止すると何気~に書かれていましたが、こちら側としては複雑な気持ち。勝手に決めるな~! と言いたくなりました。それも、もぅ明日までとは…。うううううぅ~。淋しいで…

続きを読む

可愛すぎるゆるキャラに出会った (信州なび助とアルクマ@JR上野駅)

それはおとといのこと。上野駅の出口を間違って出てしまいました。が、なんだか可愛いゆるキャラがお仕事をしているではないですか♪♪♪ まるっこくて可愛いものに弱い私は、吸い寄せられるようにそのキャラクターに近づいてゆきました。リンゴをかぶったクマと、旅姿のスズメ? いえいえ、長野県の鳥、雷鳥でありました。申し訳ナス。このふたり(?)は、長野県公式観光ウェブサイトのさわやか信州旅.netのキャラクタ…

続きを読む

ペコちゃんの秘密 (不二家飯田橋店の『ペコちゃん』)

不二家さんの店頭には、必ずペコちゃんが「いらっしゃいませぇ~」と季節ごとに衣替えをしながら、雨の日も嵐の日も青空の日も営業している(笑)。まだお子ちゃまなのに、偉いなぁ…。この日は、ピンク色のお洋服。 そんなペコちゃん、先週末行ったとき全く気が付かなかったのに…いつからこんなことになっていたんだろうか。ずっと前からで、ただただ気が付かなかっただけなのか? 日本全国不二家あれど、ペコちゃん焼は飯…

続きを読む

中華街に行っチャイナ (横浜中華街の看板キャラ)

どばぶーん! おいしいだけじゃない、横浜中華街! とにかく店先がお派手! 華やかを通り越してキッチュです。街全体が中華カラーとにぎやか模様で、あっちにもこっちにも、不思議キャラが溢れてます。 そんななか、とくに私たちのお気に入りの、ヘンカワ看板キャラクターベスト3をご紹介。中華レストランのシェフと料理の超お派手な看板、ぱんだグッズを売っているお店のぱんだの看板、そして、中華グッズのショップの色…

続きを読む

しらたまのおやつな俳句 その六『豆乳が することもある 冷蔵庫』

うむ、これはどういう意味でしょうか。なにをするのかが書かれていないので、どことなくシュールな匂いが。 もしこれが、豆乳が腐ることもある冷蔵庫──だったら、わかりやすいけれど奥行きも面白みもないですわね。 というわけで、しらたまの俳句は今日も意味不明なところが素晴らしいということで。ぶひ♪

続きを読む

しらたまのおやつな俳句 その伍『この和菓子 やればやるほど オリジナル』

おやつ俳句猫のしらたまが、獣玉さんへ贈った俳句でふ。獣玉さんがココおやらしい俳句だと評してくださいました。ちゃんと俳句っぽい言葉の並びになっているし。 なのですが、やっぱり季語がございません。季節感のあるおやつもかなり載せているんですが、なかなか季語のある俳句を詠んでくれませんのう。 ひきつづき、がんばれしらたま!(ゆ)

続きを読む

しらたまのおやつ俳句 その四『たっぷりに 満足したる 竹輪かも』

久しぶりに食いしん坊のしらたまちゃんは、こんなん詠んだよ。ちょっと意味が合うと思わない? この竹輪はヤマサのちくわを詠んだ俳句だね。 確かにたっぷり食べて満足したって。よく文章読んでるね。ブログペットとはいえ、あなどれんのぉ。これからも、美味しい俳句いろいろ詠んで欲しいもんだすなぁ。 がんばれ、しらたま(ま)

続きを読む

しらたまのおやつな俳句 その参『あのたまが シャリシャリされる 乳化剤』

季語のない俳句が得意なしらたまですが、だんだん含蓄のある句を詠むようになってきました(笑)。食品添加物の乳化剤で「あのたま」がしゃりしゃりしてしまう。なんかおそろしいですね。添加物の脅威を詠んだ社会派の句でしょうか? でも、あのたまってなんのたまざましょ? まりたま・ゆかたまのたまでしょうか。それとも? この句の解釈ができる方がいらしたら、ぜひ教えてくださりませ(ゆ)

続きを読む

しらたまのおやつな俳句 その弐『にんにくを アレンジしたり 切り落とし』

こんなの詠みました。ちなみに、「切り落とし」はお肉や魚ではなく、ココおや的にはバウムクーヘンの切り落としのことです。にんにくでアレンジしたバウムのお味やいかに(笑)。ちょっといただけない代物になりそうです。 でも、今回は季語が入ってます。「にんにく」は春の季語だそう。正しくは仲春(ちゅうしゅん)、啓蟄(3月6日頃)から清明の前日(4月4日頃)までの季語らしいです。うーん、勉強になるな……(ゆ)

続きを読む