なにに使おうか?(ゆかたま亭の『レモンとキャロブのマフィン』)

レモンとキャロブのマフィン.jpg前回のリンゴケーキに使った広島のレモンが、冷蔵庫に半分だけ残っておりまして、これはこのままではもったいないと思い、なにかに使おうと朝食の片付けのあとに試案しておりました。
シフォンケーキを作るのはちと面倒だし、クッキーに入れるのは難しそうだし……というわけで、ノートに書いてあったレシピをぱらぱらめるくと、マフィンが出てきました。
半分だけのレモン汁のために、どっさりというわけにはいかず、三つだけのささやかな分量で作ることにしました。ノートには米粉ってあったのですが、今はなかったので薄力粉と全粒粉を半分ずつ、バターも黒糖(マスコバト糖)もみんな半分、牛乳を減らしてレモン汁をいれました。
なので、レシピとはぜんぜん違うものになりそうです。でも、レモンをムダにしないためのお試しおやつなのでオッケー。
イケアで買った可愛いペーパーカップに生地を入れて、ゆっくりと焼きました。途中からバターとチョコ(キャロブパウダーですけど)のいい香りがしてきました。
でもって、試食でございます。う~ん、ぼよんとした食感が、マフィンとは違う感じ。中華菓子のマーラーカオみたい、いえ、もうちょっと弾力のある感じ。また、なんだかよくわからないものを作ってしまいましただす。
でも、ぱぱたまに珈琲といっしょに出したら、酸味がおいしいと言っておりました。私も片付けのあとで食べてみたら、キャロブチップスが生地の中でまったりとしていて、レモンともよくあっておりました。
そんなこんなで、やや弾力のあるマフィンということで一件落着。こんどは、もう少しふんわりしたマフィンを作ってみようと思います。ぶひ(ゆ)

"なにに使おうか?(ゆかたま亭の『レモンとキャロブのマフィン』)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: